転職、起業はタイミングが重要:アマゾン電子書籍半額セール電子書籍:熊崎高道書:期限限定

未分類
  1. アマゾン電子書籍半額セール電子書籍:熊崎高道書:期間限定
  2. アマゾン電子書籍:50%セールが始まりました:数日で終了す場合がありますので、お早めに購入してください。

kindel(アマゾン)

服飾がわかる事典

https://is.gd/3x1WZK :発行:日本実業出版社

アパレルソーイング用語集

https://is.gd/xstGqv :発行:チャネラー

立体裁断と平面パターン:発行:チャネラーhttps://is.gd/SbrCNn

基礎から学ぶシーイング:発行:チャネラー

Amazon.co.jp

アパレル素材とファッションデザイン:発行:繊研新聞

https://is.gd/gIIjLY

ファッションカラーとアパレルファッションデザイン画:アルリオーネ:協力:丸善雄松堂

https://is.gd/SF6fnM

パソコンで活用するファッションデザイン画 :発行:チャネラー

https://is.gd/x8kZbl

デジタルドローイン :発行:ローカス:協力:主婦の友

https://is.gd/ML4CXH

はじめてのお店づくり:発行:中央経済社

Amazon.co.jp: 図解 はじめてのお店づくり 電子書籍: 熊崎高道: Kindleストア
Amazon.co.jp: 図解 はじめてのお店づくり 電子書籍: 熊崎高道: Kindleストア

IT時代のショップ開業学:発行:チャネラー

https://is.gd/aqIMeU

ファッションビジネスに役立つパソコン活用:発行:日本繊維新聞

https://is.gd/3dkgbu

企画力倍増パソコン活用術:発行:繊研新聞

https://is.gd/dP6ySh

店舗経営と販売技術 :発行:繊研新聞

https://is.gd/IXOZLA

ファッション業界のためのパソコン読本:発行:ローカス:協力:主婦の友

https://is.gd/oitZj0

ファッション業界のためのパソコン読本 改定版 :発行:ローカス:協力:主婦の友

https://is.gd/YcsD0Q

ドレメ”こと杉野学園ドレスメーカー学院(旧女学院)の出身者情報

 

FIT(ニューヨーク州立ファッション工科大学)出身デザイナーが知りたい

 

ハナエモリ/ひよしや出身の主な業界人/デザイナー情報

子書籍:服飾がわかる事典:現在は30校以上に購入されています。文化学園大学(約15冊),慶応義塾大学 ,東京家政大,国際ファッション専門職大学,東洋大学,昭和女子大学,ノートルダム精心女子大学,西南学院大.香川大学,奈良女子大学,桜美林大学,東北生活文化大学,駒沢女子大学,徳島文理大学,金城学院大学,鶴見大,放送大学,玉川大学 ,帝京大学,名古屋工業大学 ,高知工科大学,京都女子大学香蘭女子短期大学安田女子大学玉川大学滋賀県立大学京都市立芸術大学活水女子大学九州産業大学大阪成蹊大学、神戸女子学院大学、羽衣国際大学北海道大学、情報経営イノベーション専門大学、京都女子大学、など杉野学園ドレスメーカー学院デザインアート科卒業。大学を卒業してからドレメで4年間学び、FIT(ニューヨーク州立大学)に留学。デザイナーブランドなどでデザイナーとMDを経験し、アパレルメーカー「アルリオーネ」を設立し、直営店を経営しながら、ITを活用したファッションデジタルデザインとビジネス教育の第一人者として活躍。全国洋裁デザインコンテスト1位、国際羊毛デザインコンテスト金賞。JIS改正原案作成会委員。東京新人クリエーターズコレクション審査委員。アパレルアーク・熊崎高道ネット賞設立。杉野服飾大学・主任教授下はkindleその他:kindel(アマゾン)そのほか紀伊國屋書店、アップル、DMMなどで販売しています。大学関係は丸善雄松堂がお勧めです(全国の販売)

著者の熊崎高道です。ファッションビジネス学会(文化学園大学主催)IT関係の代表をしていま

一般的に、転職の頻度が高いと、将来的に安定したキャリアを築くことが難しくなる可能性があります。

また、転職回数が多すぎると、次の転職先の採用担当者から不安視されることもあるため、転職回数はある程度制限することが望ましいです。

一般的には、転職回数が3回程度までが適切だとされていますが、これはあくまでも目安であり、個人の事情や状況に応じて、転職回数は異なる場合があります。重要なのは、自分自身の将来を考えた上で、転職の回数やタイミングを判断することです。

転職の準備と方法

転職を考えている場合、以下のような手順を踏むことが大切です。

  1. 自己分析を行う:自分自身が何を得意とし、どのような職場環境が合うかを考えます。過去の職務経験やスキル、やりたいことを整理することが重要です。
  2. 職種や業界の調査:転職を考える業界や職種の求人情報を調べることで、どのようなスキルや経験が求められているかを知ることができます。
  3. 履歴書・職務経歴書の作成:自己分析の結果を踏まえ、職務経歴書や履歴書を作成します。自分自身をアピールするために、具体的な実績や成果を記載しましょう。
  4. 転職エージェントや求人サイトの活用:転職エージェントや求人サイトを活用することで、自分に合った求人情報を収集することができます。複数の求人情報を比較し、自分に合った求人を探しましょう。
  5. 面接対策の準備:面接での印象を良くするために、自己PRや志望動機、職務経験などを事前に準備しておくことが大切です。また、企業の情報や業界動向についても調べておきましょう。
  6. 転職後の準備:転職後の生活を考え、給与や福利厚生、通勤時間などを確認することも忘れずに行いましょう。

以上が、転職の準備と方法の基本的な手順です。転職は人生の大きな決断の一つですので、十分な準備をして自分に合った転職を成功させることが大切です。

転職、起業にノートパソコンは必要

転職や起業にあたって、ノートパソコンは非常に重要なツールの一つです。以下にその理由をいくつか挙げます。

  1. ビジネスツールとしての役割 ノートパソコンは、ビジネスにおいて欠かせないツールです。メールの送受信や文書作成、表計算、プレゼンテーション資料の作成など、ビジネスに必要な業務はほとんどがパソコンを使って行われます。そのため、転職や起業にあたっても、ノートパソコンは必要不可欠です。
  2. 自分自身の学習やスキルアップに役立つ 転職や起業にあたっては、自分自身の学習やスキルアップが必要です。そのためにも、ノートパソコンは非常に役立ちます。例えば、ネット上での情報収集やオンライン講座の受講、プログラミングの学習など、ノートパソコンを使って自己学習することができます。
  3. 場所を選ばない柔軟性 ノートパソコンは、持ち運びができるため、場所を選ばずに仕事ができる柔軟性があります。自宅やカフェ、外出先など、自分が作業しやすい場所で仕事をすることができます。

以上のように、転職や起業にあたっては、ノートパソコンは必要不可欠なツールとなります。ただし、ノートパソコンは値段が高いため、慎重に選び、必要な機能が揃ったものを選ぶことが大切です。

*お勧めのレンタルサーバー:エックスサーバーのアドレスXserverドメインお勧めのレンタルサーバー:エックスサーバーのアドレスその他下のサーバーも良いと思いますので参考

ドメインバックオーダー

WordPress専用クラウド型レンタルサーバー

『wpX Speed』

スタンダードプラン 詳細はこちら

MuuMuu Domain!
日本で最も大きなクラウドソーシングサイトで、仕事の種類も簡単なものから専門性の高いものまで数が多く、評価が最も高いお勧めの副業。自宅で稼ぐ:いますぐ:下のサイトをクリック CrowdWorks(クラウドワークス)
クラウドソーシングとは企業などがオンライン上であらゆる方に業務を発注することができます。クラウドワークスへの登録は無料なので誰でも簡単に始めることができます。依頼内容は、ホームページ作成やブログ、iPhoneアプリ開発、電子書籍制作、ロゴマークやチラシデザイン、ネーミングやテープ起こし・文字起こし、文章の校正なたくさんの仕事があります。

転職、起業にノートパソコンは必要

転職や起業にあたって、ノートパソコンは非常に重要なツールの一つです。以下にその理由をいくつか挙げます。

  1. ビジネスツールとしての役割 ノートパソコンは、ビジネスにおいて欠かせないツールです。メールの送受信や文書作成、表計算、プレゼンテーション資料の作成など、ビジネスに必要な業務はほとんどがパソコンを使って行われます。そのため、転職や起業にあたっても、ノートパソコンは必要不可欠です。
  2. 自分自身の学習やスキルアップに役立つ 転職や起業にあたっては、自分自身の学習やスキルアップが必要です。そのためにも、ノートパソコンは非常に役立ちます。例えば、ネット上での情報収集やオンライン講座の受講、プログラミングの学習など、ノートパソコンを使って自己学習することができます。
  3. 場所を選ばない柔軟性 ノートパソコンは、持ち運びができるため、場所を選ばずに仕事ができる柔軟性があります。自宅やカフェ、外出先など、自分が作業しやすい場所で仕事をすることができます。

以上のように、転職や起業にあたっては、ノートパソコンは必要不可欠なツールとなります。ただし、ノートパソコンは値段が高いため、慎重に選び、必要な機能が揃ったものを選ぶことが大切です。

副業ライターは、自分でも稼げるのか興味がある。本当にライターで良いのか、自分にもできるのか、何から始めたら良いのか分からない。

  • 副業ライターでライティングがやれるか
  • 副業ライターは本当に稼げるのか
  • 副業でライターは何から始めるべきか

この記事には、ライティングの現場で得られた知見、ライターやライター志望者の生の声を惜しみなく詰め込みました。必ずしも「副業ライターを始めよう!」と誘う内容にしていません。詳しくは本文で触れますが、副業ライターの大半は月収が2万円以下といった厳しいアンケート結果も載せています。その上でご自身で判断していただきたい、そう考えています。

副業でライターを始めようという全ての方に読んでいただきたいです。

収入だけじゃない!副業ライターを始める3つのメリット

副業でライターを始めようという方のほとんどは、本業とは違う収入を獲得したいという目的でしょう。もちろんそれで問題ないのですが、実は副業でライターを始めるのには収入以外にもこれだけのメリットがあります。ここでは代表して3つ取り上げました。

メリット1場所や時間にとらわれない働き方ができる

パソコン台とインターネット環境さえあれば仕事ができるのがライターという仕事。自宅やカフェでも仕事をすることが可能です。

地方在住でもネックになることは首都圏での取材くらいで、弊社でお付き合いしているライターさんも地方や海外在住の方は珍しくありません。「夫の転勤についていくのでライターになった」という話も聞きますし、これはライターではなく弊社スタッフですが、ギリシャへの新婚旅行中もiPadを持っていって仕事をしていました。新婚旅行中まで仕事をするかは別にして、世界を巡りながら仕事をすることに憧れを持つ方もいますよね。

もちろん、遠くに行ける自由ばかりではありません。コロナ禍にあって通勤電車になおのこと苦痛を感じる、自宅でのびのびと仕事をしたいという声も受講生から聞きます。

更に、電車やバスでも座れれば仕事ができるので通勤時間でも仕事は可能です。座れなかったとしても、スマホで情報収集したり、頭ひとつで構成を考えたりすることだってできます。歩きながら音声入力で執筆もできますよね。

ライター業は頭を使った仕事なので、頭さえあれば仕事に取りかかれます。ただ逆に言えば、頭を休めなければ四六時中仕事のことばかり考えることになるので、スマホの通知をオフにする時間を設けるなど、オンとオフを意識的に切り替えることも必要です。

メリット2ライティングスキルやビジネススキルが身に付く

ライティングを仕事として受けていけば、自ずとライティングスキルの向上が見込めます。もちろん、ただ書き続けていれば勝手にライティングが上達するわけではないですが、向上するチャンスはありますね。

ライティングスキルと一言にいっても、具体的には

  • 企画立案
  • 書くためのテクニック
  • SEOやマーケティングの知識
  • ブログで相手がどう思うかわかってくる
  • 情報を収集して組み立てる

文章を書くこと以外にも営業で、お客様を相手に活用できます。文章を書く仕事をしない人にとってもライティングスキルは役立ちます。

仕事を獲得するには

  • 交渉力
  • 仕事を探す力
  • タイムマネジメント
  • 能力をアピールする力

個人で行う副業は、限られたリソースで効率よく稼ぐためにはどうすれば良いかなどを考える中でビジネスが身に付きます。

リスクを抑えてライター活動を開始できる

とにかく今の仕事をやめたい、書く仕事で生計を立てていきたい。こんなご相談を受けることがあります。

何の仕事もないまま独立するのはおすすめしません。まずは副業で小さく始めることで失敗したときのリスクを抑えられます。

ライターとして実績がないのに会社を退職してしまうと、現実は厳しく応募しても通りにくく、収入が安定せずに生活が苦しくなることがあります。何より生活のためと条件の悪い案件でも無理に受けようとすると、その案件からなかなか抜け出せずにずっと困窮したままになりかねません。

まずは副業でやってみることをおすすめします。小さくはじめて実績を積めば、独立に向けての自信になります。更に、独立するか決まっていない人は、本業より稼げる状態になったら独立する選択肢も持てるので、自分の選択肢を広げられます。

現実は厳しいので副業からライターを始める

このように副業でライターを行うメリットはありますが、メリットばかりというわけではありません。ここでは副業でライターをやる上でのデメリットや懸念点についても3つご紹介しましょう。

実績がないと簡単に契約は出来ない

ライターとしての実績がないと、案件に応募しても契約までこぎつけるのは厳しいです。

仕事を出す方の立場から考えれば、同じお金を払って依頼するなら実績があるライターに依頼したいというのが実情です。少しライターに依頼したことのある担当者なら、大半のライターは実力不足という現状は理解しているもの。実力が乏しいくらいならまだ甘い方で、見ず知らずのライターに依頼するのはリスクを伴うので、実力や実績は重視します

最初は稼げのは簡単ではない

ライターは資格がいらないので、簡単にライターになれます。

ーーーーーーーーー

熊崎高道の簡単な履歴

20数年前から、紙の本を書き始めまました。最初は、2000年のはじめごろに大学で教授になったときに、大学の改革を任されて、パソコンでデジタル改革に取り組みました。大学は杉野服飾大学で、服飾の学校でしたので、当時は、一般のどこの大学でも、パソコンの授業なくMacが一般に買える価格でパソコンとプリンターで100万円しました。実はMacに出会いパソコンオタクになり、ファッションの仕事もパソコンを使って始めました。パソコンに目覚めたのは、 2000年の前にニューヨーク州立ファッション工科大学に留学した時に、興味を持ちました。本の原稿や雑誌の原稿は、最初は手書きで始めました。

出版社や業界新聞の原稿は、まだ手書きでした。今では考えれれない事ですが。途中からパソコンで原稿を書いてできるようになりました。ファッション業界関係の紙の本を20冊程度書きましたが、現在は、15冊を電子書籍で出版しています。電子書籍の製作も自分で覚えて制作、販売しています。何でも自分でやらなければ電子書籍の外注もない時に始めました。

ライターの仕事と、紙の本の原稿は同じです。習うより慣れろです。最近は、ブログをしていますので、楽しんで文章を書いています。

ワードプレスで自分の商品を売る

ブログを収益化する方法の1つ目は、自分の商品を作ってブログで販売することです。

自分の商品の例

独自商品の例

  • 作品:イラスト、ハンドメイド、など
  • ツール:WordPressテーマ、プラグインなど)
  • 教材:note、電子書籍、動画、
  • スキル:バナー制作、HP制作、動画制作など
  • コミュニティ:オンラインサロン、スクールなど
  • 熊崎高道書:自分の商品を売る
  • アルリオーネ電子書籍出版部門設立 丸善雄松堂、凸版印刷、デジタル機構などと契約:文化学園大学などの全国著名な大学に入っていまアルリオーネ電子書籍出版部門「熊崎高道書」販売先契約先:アマゾン「kindel」、紀伊国屋書店 、丸善雄松堂 ,楽天ブックス、BookWePlus、BookLive、OverDribe・Rakuten GALAPAGOS、NTTぷらら、DMMブックス:シーティージャパン、オムニ:セブン&アイ、ブックウォカー、Booklker:KADOKAWAグループ 以下はkindleサイト 服飾がわかる事典 https://is.gd/3x1WZK :発行:日本実業出版社 アパレルソーイング用語集 https://is.gd/xstGqv :発行:チャネラー 立体裁断と平面パターン:発行:チャネラー https://is.gd/SbrCNn 基礎から学ぶシーイング:発行:チャネラー https://is.gd/5N4tM2 アパレル素材とファッションデザイン:発行:繊研新聞 https://is.gd/gIIjLY ファッションカラーとアパレルファッションデザイン画:アルリオーネ:協力:丸善雄松堂 https://is.gd/SF6fnM パソコンで活用するファッションデザイン画 :発行:チャネラー https://is.gd/x8kZbl デジタルドローイン :発行:ローカス:協力:主婦の友 https://is.gd/ML4CXH はじめてのお店づくり:発行:中央経済社 https://is.gd/zh4sRT IT時代のショップ開業学:発行:チャネラー https://is.gd/aqIMeU ファッションビジネスに役立つパソコン活用:発行:日本繊維新聞 https://is.gd/3dkgbu 企画力倍増パソコン活用術:発行:繊研新聞 https://is.gd/dP6ySh 店舗経営と販売技術 :発行:繊研新聞 https://is.gd/IXOZLA ファッション業界のためのパソコン読本:発行:ローカス:協力:主婦の友 https://is.gd/oitZj0 ファッション業界のためのパソコン読本 改定版 :発行:ローカス:協力:主婦の友 https://is.gd/YcsD0Q アフェリエイトで稼ぐには、慣れるまで1年以上かかる人が大半です。 それまでの収入は、ブログ以外の副業を探すことが重要です。

転職する理由がはっきりしている人

転職の理由がはっきりしている人

転職においては、キャリアプランを立て、今回の転職で何を実現したいのかを考えるのが重要です。

いままでの経験を踏まえ、理由がはっきりしている人が転職に成功しやすい。

自分の欠点や弱点を洗い直す

 いままでのキャリアにおいて、人より優れている点や得意な業務・スキルを、これまでの経験から洗い出しましょう。

長所だけではなく欠点や弱点も分析し、どのように克服すれば長所につなげられるかの考察や理解が大切になってきます。

他人の意見も受け入れられる

自己分析するうえで、上司、転職エージェントなど第三者からの意見を受け入れる姿勢が大事です。

第三者からの冷静な意見を受け入れ、自らの特徴やキャリアをできるだけ客観的に見直す。

 欠点を理解したうえで面接で自己アピールできる

、面接で自分の欠点について質問されたときにどのように表現するか、欠点を長所として自己アピールにつなげられるよう発想を転換してみましょう。

 自分の心配しがちという欠点は、物事に対して慎重なため、大事な仕事に臨むときは常に確認しながら進めていると言い換えが可能です。

このように、視点を変えれば長所につながる欠点を選んで、その改善法を述べるのがポイントです。

転職先や条件にこだわらずに転職活動できる人

自らのキャリアプラン実現のために必要な条件を挙げ、優先順位をつけることが重要です。

最優先したい条件を決めておき、転職先や待遇などにはそれほどこだわらない人が転職で成功しやすい。

 一つの企業に執着しない

中途採用は新卒採用より定員数が少ないのに加え、書類選考や数度の面接など、採用に時間がかかる場合があり、複数の企業へ応募することも想定して行動しましょう。 

ひとつの企業に執着すると、不採用になった場合、予想以上にショックを受けてしまいます。

 年収や待遇にこだわらない

やりたい仕事・年収・待遇など、すべての条件を叶える企業に転職するのは非常に難しいです。

そのため、希望する条件に優先順位をつけ、譲れない条件などはできる限りひとつに絞り、その他の条件は柔軟に交渉したほうが、転職先の選択肢が広がり成功につながります。

☑ 履歴書や職務経歴書を使い回さない

履歴書や職務経歴書は、志望先の企業によって、何を軸に経歴や職務内容をまとめるか、アピールポイントが異なってきます。そのため、志望先の企業ごとに作成するのが前提となります。

履歴書や職務経歴書を使い回すことを想定していると、どの企業にもあてはまる汎用的な内容になってしまいます。応募先の人事に見破られやすいだけでなく、マナー違反にもなるので注意しましょう。

☑ 転職する時期を見極める

転職は時期や運に左右される要素もあるため、転職する時期を見極めることも非常に重要です。

一般的には、3~4月の年度末前後、9~10月ころなどは、転退職者の補充などで中途採用も多くなります。外資系やグローバル企業の転職シーズンは8月のお盆シーズン、12月のクリスマスシーズンを除いて通年行っています。もちろん採用が増える時期は業種によっても違ってくるため、希望する業界の情報収集を怠らないようにして採用が増える時期を狙いましょう。

■転職で失敗する人の特徴

ここまで転職で成功する人の特徴を解説してきましたが、逆に転職で失敗する人にはどのような特徴があるのでしょうか。

■転職の目的が曖昧かつネガティブな理由で転職しようとする人

転職に成功する条件のひとつは転職の目的を明確にすることです。

逆にいえば、転職の目的が曖昧で、かつ、ネガティブな理由で転職しようとする人は、転職に失敗しやすいです。転職の目的は面接でも必ず聞かれるポイントだからです。

☑ 他責思考で転職しようとする

転職において、「今の仕事がうまくいかないのは、上司や会社、仕事内容などが悪いからだ。自分は悪くない」という他責思考のままでは失敗しやすくなります。

なぜなら、転職先で同様になにかにつまずいたときにも、同じような不満を抱えてしまうからです。

☑ 将来のビジョンがない、もしくは矛盾している

先述したように、キャリアプランは長期的な視野を持つことが大切です。3~10年後だけでなく40代以降などをイメージした将来のビジョンがない、または短期的・長期的なビジョンが矛盾しているようだと転職に失敗します。 

キャリアプランを考えるうえで、まず長期的な目標を設定し、それを達成するために短期的にどんな目標を実現すればよいか、どのような転職を行うべきかなどの志望動機の整理が必要です。

☑ 現実逃避で転職を考えている

今の仕事がつまらないから職種を変えることを考えたり、漠然と日本が嫌だから海外の転職先を探したりなど、現実逃避のために転職を考えるとうまくいきません。今の職場が嫌で逃げ出したいだけの人を採用する会社はありません。 

現在の環境が嫌だからという理由で転職したい場合は、自分のキャリアプランを考えたうえでどういう点が嫌なのか、転職によりどのように修正すればうまくいくのか、前向きな気持ちで考えを整理してみましょう。

■転職を成功させるための努力ができない人

転職には、転職活動の対策や自己分析、必要ならスキルアップや資格取得などの努力も必要です。

そのため、自分を過大評価しすぎたり、事前に対策を立てられないなど、転職を成功させるための地道な努力ができない人は失敗しやすいです。

☑ 自分を過大評価しすぎている

自己評価と他己評価が乖離している場合は、転職がうまくいきません。

現在の会社で責任ある地位についていたり、大企業に勤めていたりしても、転職先でも同じように自分のスキルが通用するとは限りません。

転職にあたっては、いったん自分の所属する企業名や肩書は横において、謙虚かつ冷静に自己分析をするようにしましょう。

☑ 事前に対策を練らず、行き当たりばったり

転職を考える際には、自らのキャリアプランのために今回の転職で何を実現するかという視点が必要です。

そのため、前の職場を早く離れたいため後先考えずに辞めたり、業界研究をせずに就業条件だけ見て応募したりなど、行き当たりばったりの転職活動ではうまくいきません。

事前に入念な対策を練るように心がけましょう。

☑ これまでのキャリアが通用しない業界に応募する

これまでのキャリアが通用しない異業種への転職は、当然ながらリスクがあります。

応募先が求める能力やスキルが前職とリンクしないなら、新人と同じ待遇や扱いを受けてしまうからです。

今までと異なる職種にどうしても転職したい場合は、人脈を広げたり資格を取得したり、前職で得たスキルを活かせるという自己アピールを考えたりなど、転職が失敗しないための対策が必要となります。

今の会社を辞めて転職するか、起業して独立するかは、なかなか悩ましい問題といえます。起業には人間関係の悩みからの解放やスキルアップにつながるメリットなどがある一方、失敗するリスクもあります。

後悔しない選択をするために、本記事では、起業か転職かどちらを選ぶべきか、起業・転職のメリット・デメリットとともに解説します。また、副業で起業する方法や、起業でおすすめの仕事をランキング形式で紹介します。

起業か転職か、どっちを選ぶべき?

今の仕事や職場に満足していない場合、起業や転職といった別の選択肢を考える方も多いでしょう。起業・転職ともにメリット・デメリットがあり、安易に選択すると後悔する可能性が高いです。まずは今の環境を変えたいと思う理由を整理し、どちらを選ぶべきか慎重に検討しましょう。ここでは、起業か転職で迷った際の判断方法を紹介します。

今の会社を辞めたい理由から考える

起業か転職かで迷っている場合は、まずは今の会社を辞めたい理由から考えましょう。そして、起業と転職のどちらで解決できるかを考えれば、選択がしやすくなります。例えば「仕事がつまらない」という理由で迷っているのであれば、転職で職種や環境が変われば解決できるかもしれません。

また「人間関係が辛い」のであれば、転職で解決できる可能性も、できない可能性もあります。「自由に働きたい」のであれば、起業で自分の好きな仕事を好きな環境でするほうが向いているでしょう。

今の会社への不満だけなら転職を選ぶ

人間関係や待遇など、今の会社への不満だけを理由に退職を検討している方は、起業よりも転職を選ぶことがおすすめです。もちろん、転職してすべてが解決するとは限りません。

ただし、安易に起業するのは危険です。起業にはリスクがあり、会社員時代よりも稼げなくなる可能性があります。

また、ビジネスを進めるために、人間関係の調整に気を遣う場面も少なくありません。そのため、起業した先にあるビジョンを描けない方や、起業したい明確な理由がない方には向いていません。よって、転職して環境を変えるのがおすすめです。

やりたいことがあるなら起業を選ぶ

「今の会社に不満はないが、どうしてもやりたいことがある」という場合は、起業を選ぶのがおすすめです。起業では、自分のやりたいことを好きな環境で突き詰められます。収入が減るリスクを負ってでも、やりたいことが見つかっている場合は、起業に挑戦するのがおすすめです。

また、決められた環境で定型的な仕事をすることに強いストレスを感じる方にも、起業が向いているでしょう。

独立起業するメリット・デメリットは?

起業して独立することは、簡単なことではありません。収入や社会的信用が下がる可能性があり、失敗したらすべての責任を負う必要があるからです。

しかし、チャレンジングな道だからこそ、スキルアップや年収アップなどの可能性もあります。デメリットへの不安や恐怖よりもメリットに強い魅力を感じる方には、起業がおすすめです。

ここでは、起業のメリット・デメリットを紹介します。

メリット:大幅なスキル・年収アップにつながる

起業とは自分で会社を経営し、事業を進めることです。従業員を雇う場合は、従業員やその家族に対しても責任を負います。そのため、起業時には非常に多くの業務を経験することになり、スキルや経験が大幅に増えるでしょう。

実績次第では年収アップも見込めます。このように会社員時代には得られなかったスキルや年収を獲得できる可能性がある点は、起業の醍醐味です。

メリット:自分のやりたいことを好きな環境でできる

自分のやりたいことを突き詰めて収入源にできれば、毎日思う存分やりたいことに取り組めます。また起業すれば、誰にも縛られずに働けます。働く場所や時間も自分で選べ、人間関係も自分で選択することが可能です。

そのため、職場環境に関する悩みから解放されるでしょう。このように、やりたいことを好きな環境でできる自由度の高さが、起業の大きなメリットです。

デメリット:失敗するリスクがある

起業は自由度が高いですが、失敗するリスクを避けられません。借金を背負ったり、無収入になるリスクも十分にあることを覚悟する必要があります。また失敗した際は、自分ですべての責任を負う必要があるでしょう。

起業家は、自分だけでなく取引先や従業員などあらゆる関係者に対して責任を負っています。その覚悟がない方は、起業家としてやっていくことは難しいです。

デメリット:成功するまで社会的信用が低いため不安になりやすい

起業して成功するまでは、社会的信用が低いのもデメリットです。賃貸契約やローンを組む際、不利になることがあります。特に個人事業主として独立開業する場合は、よほど成功しない限り社会的信用を得ることが難しいでしょう。

そのため、将来設計が不安になることが多く、初めのうちは不安と戦いながら先の見えない毎日を送ることになります。

転職するメリット・デメリットは?

「今の職場環境を変えたい」という方には、転職がおすすめです。企業に雇用してもらえるため、金銭的な不安は感じにくく、安定した生活を送りやすくなります。

しかし、企業に勤めている以上、働き方や仕事内容などある程度企業に縛られてしまうことは避けられません。また、職場環境によっては、人間関係の悩みを抱える可能性もあるでしょう。

それでも安定性に魅力を感じる場合は、転職がおすすめです。本章では、転職のメリット・デメリットを解説します。

メリット:安定した収入が得られる

起業とは違い、毎月安定して収入を得られるのが転職をするメリットです。収支計画や将来の見通しを立てやすく、金銭的な不安をあまり感じずに生活できます。また、社会的な信用が得やすく、ローンを組む際にも不利になることが少ないでしょう。

メリット:厚生年金や社会保険料の半額負担などの福利厚生

企業に勤めていれば厚生年金に加入できるため、将来受け取る年金受給額が増えます。また、社会保険料を会社が半額負担してくれる点もメリットです。ほかにも企業ごとに福利厚生が用意されており、従業員であればその恩恵が得られます。

デメリット:人間関係のストレスが避けられない

転職先の職場環境によっては、人間関係でストレスを抱える可能性もあります。特に人間関係からの悩みから転職を検討している方にとっては、転職しても絶対に解決するとは限らない点が大きなデメリットです。

人間関係は、入社してからでないとわからない要素です。働きやすさが職場環境に左右されることにストレスを感じる方にとって、転職が最適な解決策とはいえません。

デメリット:勉強や副業など意識しないと大幅なスキルアップが難しい

一般的な会社では、基本的に決められた業務しかできない場合が多く、部署移動や転職を繰り返さない限り、幅広い業務を経験することは難しいでしょう。そのため、意識して勉強する時間を設けたり、副業で経験を積んだりしない限り、大幅なスキルアップは見込めません。

また、年収アップも基本的には限界があります。スキルや年収を大きくアップさせたい方には、転職では物足りない可能性が高いでしょう。

転職してから副業で起業する方法も!

前述のとおり、起業にはリスクがあります。リスクは怖いが起業したいという方には、いきなり起業するのではなく、副業で起業する方法がおすすめです。副業レベルからスタートし、実績が出たら独立することで、失敗するリスクを軽減できます。

さまざまな業務にチャレンジできるため、副業を通じて自分に向いていることを見極められるでしょう。ただし、副業で起業する場合は、副業が認められている職場に転職する必要がある点に注意が必要です。

初心者の起業におすすめの仕事ランキング

起業してやりたいことが見つかっている方はそれに挑戦するべきですが、とにかく独立して自由に働きたいという方は、初心者におすすめの仕事から始めてみましょう。

初心者が起業するのであれば、初期費用がほとんどかからず自宅でできるものがおすすめです。また、自分のスキルを活かした仕事であれば、成功しやすく続けやすいでしょう。

本章では、初心者の起業におすすめの仕事3つをランキング形式で紹介します。

1.WEBライター

WEBライターは、WEBサイトに載せる記事を執筆する仕事です。企業から案件の依頼を受け、記事を納品します。

はじめのうちは、クラウドソーシングサイトを利用して案件を探すことがおすすめです。パソコンがあれば自宅で始められるため、初期費用がほとんどかからず気軽にスタートできます。

WEBライターは副業としても始めやすい仕事です。ただし、期日までに納品することがマストなので、スケジュール管理ができない方には向きません。

2.コンテンツ販売

コンテンツ販売とは、自分のスキルをオンラインで販売できるコンテンツにし、売上を出すことです。成功体験や方法論などを、ウェビナーや有料記事などにして販売します。

こちらも初期費用がほとんどかからず、自分の得意なことを活かせるため、起業初心者に向いています。ただし、メジャーな分野は競合が多いので、顧客獲得のためにはニッチな分野を攻めるのがおすすめです。

3.WEBデザイナー

WEBデザイナーも、パソコンと必要な機材があれば自宅でできる仕事です。独立開業しやすいですが、WEBデザインに関する知識やスキルが必要になります。そのため初心者の場合は、オンライン講座やセミナーなどで独学してから起業しましょう。

さらに、プログラミングの知識も一緒に勉強すると、担当できる仕事の幅が広がり、案件を受注しやすくなります。WEBライターと同様に、クラウドソーシングサイトを利用して案件を獲得するのがおすすめです。

起業か転職か、後悔しないよう慎重に検討しよう

本記事では、起業か転職かで迷っている方に向けて、後悔しない選び方とそれぞれのメリット・デメリットを紹介しました。どちらにするのか迷ったときには、今の仕事を辞めたい理由を考えて、慎重に検討しましょう。

また、失敗するリスクを軽減するために、まずは副業で起業するのがおすすめです。初心者の起業におすすめの仕事もあります。リスクを減らすためにも、できることから着実に進めていくべきでしょう。

転職は人によって異なるため、何度転職が適切なのか一概には言えません。

しかし、転職をする場合は、過度な転職回数を避け、一定期間の勤務をすることが望ましいとされています。

一般的に、転職の頻度が高いと、将来的に安定したキャリアを築くことが難しくなる可能性があります。

また、転職回数が多すぎると、次の転職先の採用担当者から不安視されることもあるため、転職回数はある程度制限することが望ましいです。

一般的には、転職回数が3回程度までが適切だとされていますが、これはあくまでも目安であり、個人の事情や状況に応じて、転職回数は異なる場合があります。重要なのは、自分自身の将来を考えた上で、転職の回数やタイミングを判断することです。

転職の準備と方法

転職を考えている場合、以下のような手順を踏むことが大切です。

  1. 自己分析を行う:自分自身が何を得意とし、どのような職場環境が合うかを考えます。過去の職務経験やスキル、やりたいことを整理することが重要です。
  2. 職種や業界の調査:転職を考える業界や職種の求人情報を調べることで、どのようなスキルや経験が求められているかを知ることができます。
  3. 履歴書・職務経歴書の作成:自己分析の結果を踏まえ、職務経歴書や履歴書を作成します。自分自身をアピールするために、具体的な実績や成果を記載しましょう。
  4. 転職エージェントや求人サイトの活用:転職エージェントや求人サイトを活用することで、自分に合った求人情報を収集することができます。複数の求人情報を比較し、自分に合った求人を探しましょう。
  5. 面接対策の準備:面接での印象を良くするために、自己PRや志望動機、職務経験などを事前に準備しておくことが大切です。また、企業の情報や業界動向についても調べておきましょう。
  6. 転職後の準備:転職後の生活を考え、給与や福利厚生、通勤時間などを確認することも忘れずに行いましょう。

以上が、転職の準備と方法の基本的な手順です。転職は人生の大きな決断の一つですので、十分な準備をして自分に合った転職を成功させることが大切です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

転職、起業にノートパソコンは必要

転職や起業にあたって、ノートパソコンは非常に重要なツールの一つです。以下にその理由をいくつか挙げます。

  1. ビジネスツールとしての役割 ノートパソコンは、ビジネスにおいて欠かせないツールです。メールの送受信や文書作成、表計算、プレゼンテーション資料の作成など、ビジネスに必要な業務はほとんどがパソコンを使って行われます。そのため、転職や起業にあたっても、ノートパソコンは必要不可欠です。
  2. 自分自身の学習やスキルアップに役立つ 転職や起業にあたっては、自分自身の学習やスキルアップが必要です。そのためにも、ノートパソコンは非常に役立ちます。例えば、ネット上での情報収集やオンライン講座の受講、プログラミングの学習など、ノートパソコンを使って自己学習することができます。
  3. 場所を選ばない柔軟性 ノートパソコンは、持ち運びができるため、場所を選ばずに仕事ができる柔軟性があります。自宅やカフェ、外出先など、自分が作業しやすい場所で仕事をすることができます。

以上のように、転職や起業にあたっては、ノートパソコンは必要不可欠なツールとなります。ただし、ノートパソコンは値段が高いため、慎重に選び、必要な機能が揃ったものを選ぶことが大切です。

無料キャリアカウンセリング

*お勧めのレンタルサーバー:エックスサーバーのアドレスXserverドメインお勧めのレンタルサーバー:エックスサーバーのアドレスその他下のサーバーも良いと思いますので参考

ドメインバックオーダー

WordPress専用クラウド型レンタルサーバー

『wpX Speed』

スタンダードプラン 詳細はこちら

MuuMuu Domain!
日本で最も大きなクラウドソーシングサイトで、仕事の種類も簡単なものから専門性の高いものまで数が多く、評価が最も高いお勧めの副業。自宅で稼ぐ:いますぐ:下のサイトをクリック CrowdWorks(クラウドワークス)
クラウドソーシングとは企業などがオンライン上であらゆる方に業務を発注することができます。クラウドワークスへの登録は無料なので誰でも簡単に始めることができます。依頼内容は、ホームページ作成やブログ、iPhoneアプリ開発、電子書籍制作、ロゴマークやチラシデザイン、ネーミングやテープ起こし・文字起こし、文章の校正なたくさんの仕事があります。

#

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

kindel(アマゾン)

服飾がわかる事典

https://is.gd/3x1WZK :発行:日本実業出版社

アパレルソーイング用語集

https://is.gd/xstGqv :発行:チャネラー

立体裁断と平面パターン:発行:チャネラーhttps://is.gd/SbrCNn

基礎から学ぶシーイング:発行:チャネラー

アパレル素材とファッションデザイン:発行:繊研新聞

ファッションカラーとアパレルファッションデザイン画:アルリオーネ:協力:丸善雄松堂

パソコンで活用するファッションデザイン画 :発行:チャネラー

デジタルドローイン :発行:ローカス:協力:主婦の友

はじめてのお店づくり:発行:中央経済社

IT時代のショップ開業学:発行:チャネラー

ファッションビジネスに役立つパソコン活用:発行:日本繊維新聞

企画力倍増パソコン活用術:発行:繊研新聞

店舗経営と販売技術 :発行:繊研新聞

ファッション業界のためのパソコン読本:発行:ローカス:協力:主婦の友

ファッション業界のためのパソコン読本 改定版 :発行:ローカス:協力:主婦の友

ドレメ”こと杉野学園ドレスメーカー学院(旧女学院)の出身者情報

 

FIT(ニューヨーク州立ファッション工科大学)出身デザイナーが知りたい

 

ハナエモリ/ひよしや出身の主な業界人/デザイナー情報

子書籍:服飾がわかる事典:現在は30校以上に購入されています。文化学園大学(約15冊),慶応義塾大学 ,東京家政大,国際ファッション専門職大学,東洋大学,昭和女子大学,ノートルダム精心女子大学,西南学院大.香川大学,奈良女子大学,桜美林大学,東北生活文化大学,駒沢女子大学,徳島文理大学,金城学院大学,鶴見大,放送大学,玉川大学 ,帝京大学,名古屋工業大学 ,高知工科大学,京都女子大学香蘭女子短期大学安田女子大学玉川大学滋賀県立大学京都市立芸術大学活水女子大学九州産業大学大阪成蹊大学、神戸女子学院大学、羽衣国際大学北海道大学、情報経営イノベーション専門大学、京都女子大学、など杉野学園ドレスメーカー学院デザインアート科卒業。大学を卒業してからドレメで4年間学び、FIT(ニューヨーク州立大学)に留学。デザイナーブランドなどでデザイナーとMDを経験し、アパレルメーカー「アルリオーネ」を設立し、直営店を経営しながら、ITを活用したファッションデジタルデザインとビジネス教育の第一人者として活躍。全国洋裁デザインコンテスト1位、国際羊毛デザインコンテスト金賞。JIS改正原案作成会委員。東京新人クリエーターズコレクション審査委員。アパレルアーク・熊崎高道ネット賞設立。杉野服飾大学・主任教授下はkindleその他:kindel(アマゾン)そのほか紀伊國屋書店、アップル、DMMなどで販売しています。大学関係は丸善雄松堂がお勧めです(全国の販売)

著者の熊崎高道です。ファッションビジネス学会(文化学園大学主催)IT関係の代表をしています

  1. アマゾン電子書籍半額セール電子書籍:熊崎高道書
  2. アマゾン電子書籍:50%セールが始まりました:数日で終了す場合がありますので、お早めに購入してください。

一般的に、転職の頻度が高いと、将来的に安定したキャリアを築くことが難しくなる可能性があります。

また、転職回数が多すぎると、次の転職先の採用担当者から不安視されることもあるため、転職回数はある程度制限することが望ましいです。

一般的には、転職回数が3回程度までが適切だとされていますが、これはあくまでも目安であり、個人の事情や状況に応じて、転職回数は異なる場合があります。重要なのは、自分自身の将来を考えた上で、転職の回数やタイミングを判断することです。

転職、求人情報ならリクルートの転職サイト
【リクナビNEXT】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

転職の準備と方法

転職を考えている場合、以下のような手順を踏むことが大切です。

  1. 自己分析を行う:自分自身が何を得意とし、どのような職場環境が合うかを考えます。過去の職務経験やスキル、やりたいことを整理することが重要です。
  2. 職種や業界の調査:転職を考える業界や職種の求人情報を調べることで、どのようなスキルや経験が求められているかを知ることができます。
  3. 履歴書・職務経歴書の作成:自己分析の結果を踏まえ、職務経歴書や履歴書を作成します。自分自身をアピールするために、具体的な実績や成果を記載しましょう。
  4. 転職エージェントや求人サイトの活用:転職エージェントや求人サイトを活用することで、自分に合った求人情報を収集することができます。複数の求人情報を比較し、自分に合った求人を探しましょう。
  5. 面接対策の準備:面接での印象を良くするために、自己PRや志望動機、職務経験などを事前に準備しておくことが大切です。また、企業の情報や業界動向についても調べておきましょう。
  6. 転職後の準備:転職後の生活を考え、給与や福利厚生、通勤時間などを確認することも忘れずに行いましょう。

以上が、転職の準備と方法の基本的な手順です。転職は人生の大きな決断の一つですので、十分な準備をして自分に合った転職を成功させることが大切です。

フリーエンジニアの案件なら、Web案件数業界最大級のレバテックフリーランス

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

転職、起業にノートパソコンは必要

転職や起業にあたって、ノートパソコンは非常に重要なツールの一つです。以下にその理由をいくつか挙げます。

  1. ビジネスツールとしての役割 ノートパソコンは、ビジネスにおいて欠かせないツールです。メールの送受信や文書作成、表計算、プレゼンテーション資料の作成など、ビジネスに必要な業務はほとんどがパソコンを使って行われます。そのため、転職や起業にあたっても、ノートパソコンは必要不可欠です。
  2. 自分自身の学習やスキルアップに役立つ 転職や起業にあたっては、自分自身の学習やスキルアップが必要です。そのためにも、ノートパソコンは非常に役立ちます。例えば、ネット上での情報収集やオンライン講座の受講、プログラミングの学習など、ノートパソコンを使って自己学習することができます。
  3. 場所を選ばない柔軟性 ノートパソコンは、持ち運びができるため、場所を選ばずに仕事ができる柔軟性があります。自宅やカフェ、外出先など、自分が作業しやすい場所で仕事をすることができます。

以上のように、転職や起業にあたっては、ノートパソコンは必要不可欠なツールとなります。ただし、ノートパソコンは値段が高いため、慎重に選び、必要な機能が揃ったものを選ぶことが大切です。

*お勧めのレンタルサーバー:エックスサーバーのアドレスXserverドメインお勧めのレンタルサーバー:エックスサーバーのアドレスその他下のサーバーも良いと思いますので参考

ドメインバックオーダー

WordPress専用クラウド型レンタルサーバー

『wpX Speed』

スタンダードプラン 詳細はこちら

MuuMuu Domain!
日本で最も大きなクラウドソーシングサイトで、仕事の種類も簡単なものから専門性の高いものまで数が多く、評価が最も高いお勧めの副業。自宅で稼ぐ:いますぐ:下のサイトをクリック CrowdWorks(クラウドワークス)
クラウドソーシングとは企業などがオンライン上であらゆる方に業務を発注することができます。クラウドワークスへの登録は無料なので誰でも簡単に始めることができます。依頼内容は、ホームページ作成やブログ、iPhoneアプリ開発、電子書籍制作、ロゴマークやチラシデザイン、ネーミングやテープ起こし・文字起こし、文章の校正なたくさんの仕事があります。

転職、起業にノートパソコンは必要

転職や起業にあたって、ノートパソコンは非常に重要なツールの一つです。以下にその理由をいくつか挙げます。

  1. ビジネスツールとしての役割 ノートパソコンは、ビジネスにおいて欠かせないツールです。メールの送受信や文書作成、表計算、プレゼンテーション資料の作成など、ビジネスに必要な業務はほとんどがパソコンを使って行われます。そのため、転職や起業にあたっても、ノートパソコンは必要不可欠です。
  2. 自分自身の学習やスキルアップに役立つ 転職や起業にあたっては、自分自身の学習やスキルアップが必要です。そのためにも、ノートパソコンは非常に役立ちます。例えば、ネット上での情報収集やオンライン講座の受講、プログラミングの学習など、ノートパソコンを使って自己学習することができます。
  3. 場所を選ばない柔軟性 ノートパソコンは、持ち運びができるため、場所を選ばずに仕事ができる柔軟性があります。自宅やカフェ、外出先など、自分が作業しやすい場所で仕事をすることができます。

以上のように、転職や起業にあたっては、ノートパソコンは必要不可欠なツールとなります。ただし、ノートパソコンは値段が高いため、慎重に選び、必要な機能が揃ったものを選ぶことが大切です。

副業ライターは、自分でも稼げるのか興味がある。本当にライターで良いのか、自分にもできるのか、何から始めたら良いのか分からない。

  • 副業ライターでライティングがやれるか
  • 副業ライターは本当に稼げるのか
  • 副業でライターは何から始めるべきか

この記事には、ライティングの現場で得られた知見、ライターやライター志望者の生の声を惜しみなく詰め込みました。必ずしも「副業ライターを始めよう!」と誘う内容にしていません。詳しくは本文で触れますが、副業ライターの大半は月収が2万円以下といった厳しいアンケート結果も載せています。その上でご自身で判断していただきたい、そう考えています。

副業でライターを始めようという全ての方に読んでいただきたいです。

収入だけじゃない!副業ライターを始める3つのメリット

副業でライターを始めようという方のほとんどは、本業とは違う収入を獲得したいという目的でしょう。もちろんそれで問題ないのですが、実は副業でライターを始めるのには収入以外にもこれだけのメリットがあります。ここでは代表して3つ取り上げました。

メリット1場所や時間にとらわれない働き方ができる

パソコン台とインターネット環境さえあれば仕事ができるのがライターという仕事。自宅やカフェでも仕事をすることが可能です。

地方在住でもネックになることは首都圏での取材くらいで、弊社でお付き合いしているライターさんも地方や海外在住の方は珍しくありません。「夫の転勤についていくのでライターになった」という話も聞きますし、これはライターではなく弊社スタッフですが、ギリシャへの新婚旅行中もiPadを持っていって仕事をしていました。新婚旅行中まで仕事をするかは別にして、世界を巡りながら仕事をすることに憧れを持つ方もいますよね。

もちろん、遠くに行ける自由ばかりではありません。コロナ禍にあって通勤電車になおのこと苦痛を感じる、自宅でのびのびと仕事をしたいという声も受講生から聞きます。

更に、電車やバスでも座れれば仕事ができるので通勤時間でも仕事は可能です。座れなかったとしても、スマホで情報収集したり、頭ひとつで構成を考えたりすることだってできます。歩きながら音声入力で執筆もできますよね。

ライター業は頭を使った仕事なので、頭さえあれば仕事に取りかかれます。ただ逆に言えば、頭を休めなければ四六時中仕事のことばかり考えることになるので、スマホの通知をオフにする時間を設けるなど、オンとオフを意識的に切り替えることも必要です。

メリット2ライティングスキルやビジネススキルが身に付く

ライティングを仕事として受けていけば、自ずとライティングスキルの向上が見込めます。もちろん、ただ書き続けていれば勝手にライティングが上達するわけではないですが、向上するチャンスはありますね。

ライティングスキルと一言にいっても、具体的には

  • 企画立案
  • 書くためのテクニック
  • SEOやマーケティングの知識
  • ブログで相手がどう思うかわかってくる
  • 情報を収集して組み立てる

文章を書くこと以外にも営業で、お客様を相手に活用できます。文章を書く仕事をしない人にとってもライティングスキルは役立ちます。

仕事を獲得するには

  • 交渉力
  • 仕事を探す力
  • タイムマネジメント
  • 能力をアピールする力

個人で行う副業は、限られたリソースで効率よく稼ぐためにはどうすれば良いかなどを考える中でビジネスが身に付きます。

リスクを抑えてライター活動を開始できる

とにかく今の仕事をやめたい、書く仕事で生計を立てていきたい。こんなご相談を受けることがあります。

何の仕事もないまま独立するのはおすすめしません。まずは副業で小さく始めることで失敗したときのリスクを抑えられます。

ライターとして実績がないのに会社を退職してしまうと、現実は厳しく応募しても通りにくく、収入が安定せずに生活が苦しくなることがあります。何より生活のためと条件の悪い案件でも無理に受けようとすると、その案件からなかなか抜け出せずにずっと困窮したままになりかねません。

まずは副業でやってみることをおすすめします。小さくはじめて実績を積めば、独立に向けての自信になります。更に、独立するか決まっていない人は、本業より稼げる状態になったら独立する選択肢も持てるので、自分の選択肢を広げられます。

現実は厳しいので副業からライターを始める

このように副業でライターを行うメリットはありますが、メリットばかりというわけではありません。ここでは副業でライターをやる上でのデメリットや懸念点についても3つご紹介しましょう。

実績がないと簡単に契約は出来ない

ライターとしての実績がないと、案件に応募しても契約までこぎつけるのは厳しいです。

仕事を出す方の立場から考えれば、同じお金を払って依頼するなら実績があるライターに依頼したいというのが実情です。少しライターに依頼したことのある担当者なら、大半のライターは実力不足という現状は理解しているもの。実力が乏しいくらいならまだ甘い方で、見ず知らずのライターに依頼するのはリスクを伴うので、実力や実績は重視します

最初は稼げのは簡単ではない

ライターは資格がいらないので、簡単にライターになれます。

ーーーーーーーーー

熊崎高道の簡単な履歴

20数年前から、紙の本を書き始めまました。最初は、2000年のはじめごろに大学で教授になったときに、大学の改革を任されて、パソコンでデジタル改革に取り組みました。大学は杉野服飾大学で、服飾の学校でしたので、当時は、一般のどこの大学でも、パソコンの授業なくMacが一般に買える価格でパソコンとプリンターで100万円しました。実はMacに出会いパソコンオタクになり、ファッションの仕事もパソコンを使って始めました。パソコンに目覚めたのは、 2000年の前にニューヨーク州立ファッション工科大学に留学した時に、興味を持ちました。本の原稿や雑誌の原稿は、最初は手書きで始めました。

出版社や業界新聞の原稿は、まだ手書きでした。今では考えれれない事ですが。途中からパソコンで原稿を書いてできるようになりました。ファッション業界関係の紙の本を20冊程度書きましたが、現在は、15冊を電子書籍で出版しています。電子書籍の製作も自分で覚えて制作、販売しています。何でも自分でやらなければ電子書籍の外注もない時に始めました。

ライターの仕事と、紙の本の原稿は同じです。習うより慣れろです。最近は、ブログをしていますので、楽しんで文章を書いています。

ワードプレスで自分の商品を売る

ブログを収益化する方法の1つ目は、自分の商品を作ってブログで販売することです。

自分の商品の例

独自商品の例

  • 作品:イラスト、ハンドメイド、など
  • ツール:WordPressテーマ、プラグインなど)
  • 教材:note、電子書籍、動画、
  • スキル:バナー制作、HP制作、動画制作など
  • コミュニティ:オンラインサロン、スクールなど
  • 熊崎高道書:自分の商品を売る
  • アルリオーネ電子書籍出版部門設立 丸善雄松堂、凸版印刷、デジタル機構などと契約:文化学園大学などの全国著名な大学に入っていまアルリオーネ電子書籍出版部門「熊崎高道書」販売先契約先:アマゾン「kindel」、紀伊国屋書店 、丸善雄松堂 ,楽天ブックス、BookWePlus、BookLive、OverDribe・Rakuten GALAPAGOS、NTTぷらら、DMMブックス:シーティージャパン、オムニ:セブン&アイ、ブックウォカー、Booklker:KADOKAWAグループ 以下はkindleサイト 服飾がわかる事典 https://is.gd/3x1WZK :発行:日本実業出版社 アパレルソーイング用語集 https://is.gd/xstGqv :発行:チャネラー 立体裁断と平面パターン:発行:チャネラー https://is.gd/SbrCNn 基礎から学ぶシーイング:発行:チャネラー https://is.gd/5N4tM2 アパレル素材とファッションデザイン:発行:繊研新聞 https://is.gd/gIIjLY ファッションカラーとアパレルファッションデザイン画:アルリオーネ:協力:丸善雄松堂 https://is.gd/SF6fnM パソコンで活用するファッションデザイン画 :発行:チャネラー https://is.gd/x8kZbl デジタルドローイン :発行:ローカス:協力:主婦の友 https://is.gd/ML4CXH はじめてのお店づくり:発行:中央経済社 https://is.gd/zh4sRT IT時代のショップ開業学:発行:チャネラー https://is.gd/aqIMeU ファッションビジネスに役立つパソコン活用:発行:日本繊維新聞 https://is.gd/3dkgbu 企画力倍増パソコン活用術:発行:繊研新聞 https://is.gd/dP6ySh 店舗経営と販売技術 :発行:繊研新聞 https://is.gd/IXOZLA ファッション業界のためのパソコン読本:発行:ローカス:協力:主婦の友 https://is.gd/oitZj0 ファッション業界のためのパソコン読本 改定版 :発行:ローカス:協力:主婦の友 https://is.gd/YcsD0Q アフェリエイトで稼ぐには、慣れるまで1年以上かかる人が大半です。 それまでの収入は、ブログ以外の副業を探すことが重要です。

転職する理由がはっきりしている人

転職の理由がはっきりしている人

転職においては、キャリアプランを立て、今回の転職で何を実現したいのかを考えるのが重要です。

いままでの経験を踏まえ、理由がはっきりしている人が転職に成功しやすい。

自分の欠点や弱点を洗い直す

 いままでのキャリアにおいて、人より優れている点や得意な業務・スキルを、これまでの経験から洗い出しましょう。

長所だけではなく欠点や弱点も分析し、どのように克服すれば長所につなげられるかの考察や理解が大切になってきます。

他人の意見も受け入れられる

自己分析するうえで、上司、転職エージェントなど第三者からの意見を受け入れる姿勢が大事です。

第三者からの冷静な意見を受け入れ、自らの特徴やキャリアをできるだけ客観的に見直す。

 欠点を理解したうえで面接で自己アピールできる

、面接で自分の欠点について質問されたときにどのように表現するか、欠点を長所として自己アピールにつなげられるよう発想を転換してみましょう。

 自分の心配しがちという欠点は、物事に対して慎重なため、大事な仕事に臨むときは常に確認しながら進めていると言い換えが可能です。

このように、視点を変えれば長所につながる欠点を選んで、その改善法を述べるのがポイントです。

転職先や条件にこだわらずに転職活動できる人

自らのキャリアプラン実現のために必要な条件を挙げ、優先順位をつけることが重要です。

最優先したい条件を決めておき、転職先や待遇などにはそれほどこだわらない人が転職で成功しやすい。

 一つの企業に執着しない

中途採用は新卒採用より定員数が少ないのに加え、書類選考や数度の面接など、採用に時間がかかる場合があり、複数の企業へ応募することも想定して行動しましょう。 

ひとつの企業に執着すると、不採用になった場合、予想以上にショックを受けてしまいます。

 年収や待遇にこだわらない

やりたい仕事・年収・待遇など、すべての条件を叶える企業に転職するのは非常に難しいです。

そのため、希望する条件に優先順位をつけ、譲れない条件などはできる限りひとつに絞り、その他の条件は柔軟に交渉したほうが、転職先の選択肢が広がり成功につながります。

☑ 履歴書や職務経歴書を使い回さない

履歴書や職務経歴書は、志望先の企業によって、何を軸に経歴や職務内容をまとめるか、アピールポイントが異なってきます。そのため、志望先の企業ごとに作成するのが前提となります。

履歴書や職務経歴書を使い回すことを想定していると、どの企業にもあてはまる汎用的な内容になってしまいます。応募先の人事に見破られやすいだけでなく、マナー違反にもなるので注意しましょう。

☑ 転職する時期を見極める

転職は時期や運に左右される要素もあるため、転職する時期を見極めることも非常に重要です。

一般的には、3~4月の年度末前後、9~10月ころなどは、転退職者の補充などで中途採用も多くなります。外資系やグローバル企業の転職シーズンは8月のお盆シーズン、12月のクリスマスシーズンを除いて通年行っています。もちろん採用が増える時期は業種によっても違ってくるため、希望する業界の情報収集を怠らないようにして採用が増える時期を狙いましょう。

■転職で失敗する人の特徴

ここまで転職で成功する人の特徴を解説してきましたが、逆に転職で失敗する人にはどのような特徴があるのでしょうか。

■転職の目的が曖昧かつネガティブな理由で転職しようとする人

転職に成功する条件のひとつは転職の目的を明確にすることです。

逆にいえば、転職の目的が曖昧で、かつ、ネガティブな理由で転職しようとする人は、転職に失敗しやすいです。転職の目的は面接でも必ず聞かれるポイントだからです。

☑ 他責思考で転職しようとする

転職において、「今の仕事がうまくいかないのは、上司や会社、仕事内容などが悪いからだ。自分は悪くない」という他責思考のままでは失敗しやすくなります。

なぜなら、転職先で同様になにかにつまずいたときにも、同じような不満を抱えてしまうからです。

☑ 将来のビジョンがない、もしくは矛盾している

先述したように、キャリアプランは長期的な視野を持つことが大切です。3~10年後だけでなく40代以降などをイメージした将来のビジョンがない、または短期的・長期的なビジョンが矛盾しているようだと転職に失敗します。 

キャリアプランを考えるうえで、まず長期的な目標を設定し、それを達成するために短期的にどんな目標を実現すればよいか、どのような転職を行うべきかなどの志望動機の整理が必要です。

☑ 現実逃避で転職を考えている

今の仕事がつまらないから職種を変えることを考えたり、漠然と日本が嫌だから海外の転職先を探したりなど、現実逃避のために転職を考えるとうまくいきません。今の職場が嫌で逃げ出したいだけの人を採用する会社はありません。 

現在の環境が嫌だからという理由で転職したい場合は、自分のキャリアプランを考えたうえでどういう点が嫌なのか、転職によりどのように修正すればうまくいくのか、前向きな気持ちで考えを整理してみましょう。

■転職を成功させるための努力ができない人

転職には、転職活動の対策や自己分析、必要ならスキルアップや資格取得などの努力も必要です。

そのため、自分を過大評価しすぎたり、事前に対策を立てられないなど、転職を成功させるための地道な努力ができない人は失敗しやすいです。

☑ 自分を過大評価しすぎている

自己評価と他己評価が乖離している場合は、転職がうまくいきません。

現在の会社で責任ある地位についていたり、大企業に勤めていたりしても、転職先でも同じように自分のスキルが通用するとは限りません。

転職にあたっては、いったん自分の所属する企業名や肩書は横において、謙虚かつ冷静に自己分析をするようにしましょう。

☑ 事前に対策を練らず、行き当たりばったり

転職を考える際には、自らのキャリアプランのために今回の転職で何を実現するかという視点が必要です。

そのため、前の職場を早く離れたいため後先考えずに辞めたり、業界研究をせずに就業条件だけ見て応募したりなど、行き当たりばったりの転職活動ではうまくいきません。

事前に入念な対策を練るように心がけましょう。

☑ これまでのキャリアが通用しない業界に応募する

これまでのキャリアが通用しない異業種への転職は、当然ながらリスクがあります。

応募先が求める能力やスキルが前職とリンクしないなら、新人と同じ待遇や扱いを受けてしまうからです。

今までと異なる職種にどうしても転職したい場合は、人脈を広げたり資格を取得したり、前職で得たスキルを活かせるという自己アピールを考えたりなど、転職が失敗しないための対策が必要となります。

今の会社を辞めて転職するか、起業して独立するかは、なかなか悩ましい問題といえます。起業には人間関係の悩みからの解放やスキルアップにつながるメリットなどがある一方、失敗するリスクもあります。

後悔しない選択をするために、本記事では、起業か転職かどちらを選ぶべきか、起業・転職のメリット・デメリットとともに解説します。また、副業で起業する方法や、起業でおすすめの仕事をランキング形式で紹介します。

起業か転職か、どっちを選ぶべき?

今の仕事や職場に満足していない場合、起業や転職といった別の選択肢を考える方も多いでしょう。起業・転職ともにメリット・デメリットがあり、安易に選択すると後悔する可能性が高いです。まずは今の環境を変えたいと思う理由を整理し、どちらを選ぶべきか慎重に検討しましょう。ここでは、起業か転職で迷った際の判断方法を紹介します。

今の会社を辞めたい理由から考える

起業か転職かで迷っている場合は、まずは今の会社を辞めたい理由から考えましょう。そして、起業と転職のどちらで解決できるかを考えれば、選択がしやすくなります。例えば「仕事がつまらない」という理由で迷っているのであれば、転職で職種や環境が変われば解決できるかもしれません。

また「人間関係が辛い」のであれば、転職で解決できる可能性も、できない可能性もあります。「自由に働きたい」のであれば、起業で自分の好きな仕事を好きな環境でするほうが向いているでしょう。

今の会社への不満だけなら転職を選ぶ

人間関係や待遇など、今の会社への不満だけを理由に退職を検討している方は、起業よりも転職を選ぶことがおすすめです。もちろん、転職してすべてが解決するとは限りません。

ただし、安易に起業するのは危険です。起業にはリスクがあり、会社員時代よりも稼げなくなる可能性があります。

また、ビジネスを進めるために、人間関係の調整に気を遣う場面も少なくありません。そのため、起業した先にあるビジョンを描けない方や、起業したい明確な理由がない方には向いていません。よって、転職して環境を変えるのがおすすめです。

やりたいことがあるなら起業を選ぶ

「今の会社に不満はないが、どうしてもやりたいことがある」という場合は、起業を選ぶのがおすすめです。起業では、自分のやりたいことを好きな環境で突き詰められます。収入が減るリスクを負ってでも、やりたいことが見つかっている場合は、起業に挑戦するのがおすすめです。

また、決められた環境で定型的な仕事をすることに強いストレスを感じる方にも、起業が向いているでしょう。

独立起業するメリット・デメリットは?

起業して独立することは、簡単なことではありません。収入や社会的信用が下がる可能性があり、失敗したらすべての責任を負う必要があるからです。

しかし、チャレンジングな道だからこそ、スキルアップや年収アップなどの可能性もあります。デメリットへの不安や恐怖よりもメリットに強い魅力を感じる方には、起業がおすすめです。

ここでは、起業のメリット・デメリットを紹介します。

メリット:大幅なスキル・年収アップにつながる

起業とは自分で会社を経営し、事業を進めることです。従業員を雇う場合は、従業員やその家族に対しても責任を負います。そのため、起業時には非常に多くの業務を経験することになり、スキルや経験が大幅に増えるでしょう。

実績次第では年収アップも見込めます。このように会社員時代には得られなかったスキルや年収を獲得できる可能性がある点は、起業の醍醐味です。

メリット:自分のやりたいことを好きな環境でできる

自分のやりたいことを突き詰めて収入源にできれば、毎日思う存分やりたいことに取り組めます。また起業すれば、誰にも縛られずに働けます。働く場所や時間も自分で選べ、人間関係も自分で選択することが可能です。

そのため、職場環境に関する悩みから解放されるでしょう。このように、やりたいことを好きな環境でできる自由度の高さが、起業の大きなメリットです。

デメリット:失敗するリスクがある

起業は自由度が高いですが、失敗するリスクを避けられません。借金を背負ったり、無収入になるリスクも十分にあることを覚悟する必要があります。また失敗した際は、自分ですべての責任を負う必要があるでしょう。

起業家は、自分だけでなく取引先や従業員などあらゆる関係者に対して責任を負っています。その覚悟がない方は、起業家としてやっていくことは難しいです。

デメリット:成功するまで社会的信用が低いため不安になりやすい

起業して成功するまでは、社会的信用が低いのもデメリットです。賃貸契約やローンを組む際、不利になることがあります。特に個人事業主として独立開業する場合は、よほど成功しない限り社会的信用を得ることが難しいでしょう。

そのため、将来設計が不安になることが多く、初めのうちは不安と戦いながら先の見えない毎日を送ることになります。

転職するメリット・デメリットは?

「今の職場環境を変えたい」という方には、転職がおすすめです。企業に雇用してもらえるため、金銭的な不安は感じにくく、安定した生活を送りやすくなります。

しかし、企業に勤めている以上、働き方や仕事内容などある程度企業に縛られてしまうことは避けられません。また、職場環境によっては、人間関係の悩みを抱える可能性もあるでしょう。

それでも安定性に魅力を感じる場合は、転職がおすすめです。本章では、転職のメリット・デメリットを解説します。

メリット:安定した収入が得られる

起業とは違い、毎月安定して収入を得られるのが転職をするメリットです。収支計画や将来の見通しを立てやすく、金銭的な不安をあまり感じずに生活できます。また、社会的な信用が得やすく、ローンを組む際にも不利になることが少ないでしょう。

メリット:厚生年金や社会保険料の半額負担などの福利厚生

企業に勤めていれば厚生年金に加入できるため、将来受け取る年金受給額が増えます。また、社会保険料を会社が半額負担してくれる点もメリットです。ほかにも企業ごとに福利厚生が用意されており、従業員であればその恩恵が得られます。

デメリット:人間関係のストレスが避けられない

転職先の職場環境によっては、人間関係でストレスを抱える可能性もあります。特に人間関係からの悩みから転職を検討している方にとっては、転職しても絶対に解決するとは限らない点が大きなデメリットです。

人間関係は、入社してからでないとわからない要素です。働きやすさが職場環境に左右されることにストレスを感じる方にとって、転職が最適な解決策とはいえません。

デメリット:勉強や副業など意識しないと大幅なスキルアップが難しい

一般的な会社では、基本的に決められた業務しかできない場合が多く、部署移動や転職を繰り返さない限り、幅広い業務を経験することは難しいでしょう。そのため、意識して勉強する時間を設けたり、副業で経験を積んだりしない限り、大幅なスキルアップは見込めません。

また、年収アップも基本的には限界があります。スキルや年収を大きくアップさせたい方には、転職では物足りない可能性が高いでしょう。

転職してから副業で起業する方法も!

前述のとおり、起業にはリスクがあります。リスクは怖いが起業したいという方には、いきなり起業するのではなく、副業で起業する方法がおすすめです。副業レベルからスタートし、実績が出たら独立することで、失敗するリスクを軽減できます。

さまざまな業務にチャレンジできるため、副業を通じて自分に向いていることを見極められるでしょう。ただし、副業で起業する場合は、副業が認められている職場に転職する必要がある点に注意が必要です。

初心者の起業におすすめの仕事ランキング

起業してやりたいことが見つかっている方はそれに挑戦するべきですが、とにかく独立して自由に働きたいという方は、初心者におすすめの仕事から始めてみましょう。

初心者が起業するのであれば、初期費用がほとんどかからず自宅でできるものがおすすめです。また、自分のスキルを活かした仕事であれば、成功しやすく続けやすいでしょう。

本章では、初心者の起業におすすめの仕事3つをランキング形式で紹介します。

1.WEBライター

WEBライターは、WEBサイトに載せる記事を執筆する仕事です。企業から案件の依頼を受け、記事を納品します。

はじめのうちは、クラウドソーシングサイトを利用して案件を探すことがおすすめです。パソコンがあれば自宅で始められるため、初期費用がほとんどかからず気軽にスタートできます。

WEBライターは副業としても始めやすい仕事です。ただし、期日までに納品することがマストなので、スケジュール管理ができない方には向きません。

2.コンテンツ販売

コンテンツ販売とは、自分のスキルをオンラインで販売できるコンテンツにし、売上を出すことです。成功体験や方法論などを、ウェビナーや有料記事などにして販売します。

こちらも初期費用がほとんどかからず、自分の得意なことを活かせるため、起業初心者に向いています。ただし、メジャーな分野は競合が多いので、顧客獲得のためにはニッチな分野を攻めるのがおすすめです。

3.WEBデザイナー

WEBデザイナーも、パソコンと必要な機材があれば自宅でできる仕事です。独立開業しやすいですが、WEBデザインに関する知識やスキルが必要になります。そのため初心者の場合は、オンライン講座やセミナーなどで独学してから起業しましょう。

さらに、プログラミングの知識も一緒に勉強すると、担当できる仕事の幅が広がり、案件を受注しやすくなります。WEBライターと同様に、クラウドソーシングサイトを利用して案件を獲得するのがおすすめです。

起業か転職か、後悔しないよう慎重に検討しよう

本記事では、起業か転職かで迷っている方に向けて、後悔しない選び方とそれぞれのメリット・デメリットを紹介しました。どちらにするのか迷ったときには、今の仕事を辞めたい理由を考えて、慎重に検討しましょう。

また、失敗するリスクを軽減するために、まずは副業で起業するのがおすすめです。初心者の起業におすすめの仕事もあります。リスクを減らすためにも、できることから着実に進めていくべきでしょう。

転職は人によって異なるため、何度転職が適切なのか一概には言えません。

しかし、転職をする場合は、過度な転職回数を避け、一定期間の勤務をすることが望ましいとされています。

一般的に、転職の頻度が高いと、将来的に安定したキャリアを築くことが難しくなる可能性があります。

また、転職回数が多すぎると、次の転職先の採用担当者から不安視されることもあるため、転職回数はある程度制限することが望ましいです。

一般的には、転職回数が3回程度までが適切だとされていますが、これはあくまでも目安であり、個人の事情や状況に応じて、転職回数は異なる場合があります。重要なのは、自分自身の将来を考えた上で、転職の回数やタイミングを判断することです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

転職の準備と方法

転職を考えている場合、以下のような手順を踏むことが大切です。

  1. 自己分析を行う:自分自身が何を得意とし、どのような職場環境が合うかを考えます。過去の職務経験やスキル、やりたいことを整理することが重要です。
  2. 職種や業界の調査:転職を考える業界や職種の求人情報を調べることで、どのようなスキルや経験が求められているかを知ることができます。
  3. 履歴書・職務経歴書の作成:自己分析の結果を踏まえ、職務経歴書や履歴書を作成します。自分自身をアピールするために、具体的な実績や成果を記載しましょう。
  4. 転職エージェントや求人サイトの活用:転職エージェントや求人サイトを活用することで、自分に合った求人情報を収集することができます。複数の求人情報を比較し、自分に合った求人を探しましょう。
  5. 面接対策の準備:面接での印象を良くするために、自己PRや志望動機、職務経験などを事前に準備しておくことが大切です。また、企業の情報や業界動向についても調べておきましょう。
  6. 転職後の準備:転職後の生活を考え、給与や福利厚生、通勤時間などを確認することも忘れずに行いましょう。

以上が、転職の準備と方法の基本的な手順です。転職は人生の大きな決断の一つですので、十分な準備をして自分に合った転職を成功させることが大切です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

転職、起業にノートパソコンは必要

転職や起業にあたって、ノートパソコンは非常に重要なツールの一つです。以下にその理由をいくつか挙げます。

  1. ビジネスツールとしての役割 ノートパソコンは、ビジネスにおいて欠かせないツールです。メールの送受信や文書作成、表計算、プレゼンテーション資料の作成など、ビジネスに必要な業務はほとんどがパソコンを使って行われます。そのため、転職や起業にあたっても、ノートパソコンは必要不可欠です。
  2. 自分自身の学習やスキルアップに役立つ 転職や起業にあたっては、自分自身の学習やスキルアップが必要です。そのためにも、ノートパソコンは非常に役立ちます。例えば、ネット上での情報収集やオンライン講座の受講、プログラミングの学習など、ノートパソコンを使って自己学習することができます。
  3. 場所を選ばない柔軟性 ノートパソコンは、持ち運びができるため、場所を選ばずに仕事ができる柔軟性があります。自宅やカフェ、外出先など、自分が作業しやすい場所で仕事をすることができます。

以上のように、転職や起業にあたっては、ノートパソコンは必要不可欠なツールとなります。ただし、ノートパソコンは値段が高いため、慎重に選び、必要な機能が揃ったものを選ぶことが大切です。

無料キャリアカウンセリング

*お勧めのレンタルサーバー:エックスサーバーのアドレスXserverドメインお勧めのレンタルサーバー:エックスサーバーのアドレスその他下のサーバーも良いと思いますので参考

ドメインバックオーダー

WordPress専用クラウド型レンタルサーバー

『wpX Speed』

スタンダードプラン 詳細はこちら

MuuMuu Domain!
日本で最も大きなクラウドソーシングサイトで、仕事の種類も簡単なものから専門性の高いものまで数が多く、評価が最も高いお勧めの副業。自宅で稼ぐ:いますぐ:下のサイトをクリック CrowdWorks(クラウドワークス)
クラウドソーシングとは企業などがオンライン上であらゆる方に業務を発注することができます。クラウドワークスへの登録は無料なので誰でも簡単に始めることができます。依頼内容は、ホームページ作成やブログ、iPhoneアプリ開発、電子書籍制作、ロゴマークやチラシデザイン、ネーミングやテープ起こし・文字起こし、文章の校正なたくさんの仕事があります。

#

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメント