WorldPress(ワードプレス):初心者の為のブログの使い方の説明:自分がこれまで経験した仕事を生かす

 

*組合員が選んだ、あってよかった商品1位を期間限定でもう1袋増量中!
さらにキャンペーン期間中特別価格690円!

人気の商品です:下の画像をクリックして確認して下さい。


*有機栽培農家さんとの出会い。有機野菜・無農薬野菜の宅配事業の設立

安全、安心な野菜を提供:画像をクリックで素晴らしさがわかります。



  1. 自分がこれまで経験した仕事を生かす。
  2. ブログで学んだ文章作りを仕事に生かす。

上記の経験がスキルとしてブログを通して生かせる。

プログラミングやライティングはプレゼン資料作りなどで役立ちます。Webマーケティングは市場分析やトレンドを押さえる時に役立立ちます。このようにブログで学んだことも本業に活かせるのが新たな仕事にも役立ちます。

ブログにはこれまでの仕事で得た経験を生かした情報発信ができブログで得た経験を本業に生かすこともできるなどいろいろな事に役立ちます。

ブログに限らず、副業に取り組むにあたって、はじめはどのようにしたら良いか時期が出てきます。

その稼げない時期に、経験、知識が、あとあと稼ぐ事に生かされます。

副業を始めて、すごにアフェリエイトで稼がなくては、生活ができないと思い、簡単に稼げない人は沢山います。

副業でお金だけでなく、経験を公開してまとめていくことです:ブログに限らず、副業に取り組むにあたって、はじめはどのようにしたら良いか時期が出てきます。

その稼げない時期に、経験、知識が、あとあと稼ぐ事に生かされます。

自分は、30年近く、ファッションデザイナーをしながらパソコンを副業として続けてきました。当時は、オタクと言われて特殊な環境の人が多く、社会ではあまり目立っていませんでしたが、ニフティ掲示板で交流すると、パソコンがすごくできる人が多くいました。その頃は、インターネット環境はなくほとんどの人が独学で、ある時期、慶應大学インターンネットが引かれるといくつかの大学でインターネットが公開されてきました。この環境で、パソコンで、プレゼン資料とエクセルを使った仕事を始めました。一番興味を持ったのは、イラストレータ、フォショップ、ドリームウィバーです。2000年のはじめ、大学でパソコンを指導してほしいと言われて、杉野服飾大学の授業改革をパソコンで大改革しました。

趣味程度から、副業クラスになり、ファッションデザイナーでアパレル会社、ショップ経営、大学教授と毎日が忙しくでどうにもならないようになりました。ワードプレスは、これまでやったソフトの中で、無限な将来性があると思いブログを投稿しています。これまで紙の本から電子書籍まで制作、販売していますが、電子書籍、ワドプレスは、パソコンで文章を打つのに関連性があり、自分の経験した事を自由にかけて、今では、株式会社アルリオーネ電子書籍事業部を設立しています。自分は、ファッションデザイナーの仕事をしていますが、電子書籍の販売会社から、新しい電子書籍を毎年出してほしいと依頼があり、ここ数年は、本作りをする予定です。

一般の出版社と同じ機能です。現在は、パソコンではブログと電子書籍が中心で、ファッションデザイナーの仕事もしています。起業すれば、いくつのもの仕事ができます。

ブログを始めても、続かなくて途中で投げ出してしまう人も多くいますがですが、上手くいかなくても研究して続けて下さい。

アパレルファッションデザイン画とは

マジックか鉛筆で全体を書き上げます。洋服のパターン、縫製を知った上で描くアパレルファッションデザイン画は、企画、パタンナー、縫製、営業の人と働く場合にも、アパレルファッションデザイン画を見せれば誰でもどんなコレクションになるのかわかります。

ファッションデザイナーの服を見てを、アパレルファッションデザイン画を始める前に他の人のアパレルファッションデザイン画も見てください。他のファッションデザイナーがどのように布地と陰影を使って、デザインの動きと深みを出しているか比べて下さい。

パソコンでデジタルソフトを使って描く

デジタルツールを使えば、これまでになくアパレルファッションデザイン画が簡単に描けます。複数のレイヤー使い、1つはクロッキー用に、あとは服のデザイン用に使います。こうすることで、人体デッサンやデザインを消すことなく各レイヤーを編集でき、普通のアパレルファッションデザイン画より、もっと合理的な手順となります。

自分自身のスタイルがあるなら、デジタルでそのように描けるブラシを選ぶことができます。

自分は、アパレルファッションデザイン画を大学で教えながら、アナログとデジタルを

共有した指導をしてきました。

アパレルファッションデザインガは、アパレルでファッションデザイナーとして数年間

毎日、数百枚描いてアパレルファッションデザイン画を描いて、描き方を身につけました。ファッション専門学校は基本的な教育で、実践の場でパタンナー、縫製の人などと

アパレルブランドを運営していく事で、アパレルファッションデザイン画が上手く描けるようになります。転職で有名アパレル会社に入る場合は、アパレルファッションデザイン画が上手く描かれているかで決まるます。アパレルファッションデザイン画には、パターン、縫製の方法が一目でわかることが重要です。大手のアパレル会社には、ファッションデザイナーも数名いますから上手いかダメかはすぐわかります。

イラストレータの描くうまい画は、アパレルでは使えません。基本が違うのです。

まづは、アパレルブランドに入社してアパレルファッションデザイン画を学んで下さい。

当時、大学に行っていましたが、ファッションの仕事がしたくてファッションの専門学校に行きたくて、今では有名なファッション専門学校になっている学校の代表者の方に、お会いして専門学校に入りたいと相談すると、大学は卒業してからの方がいいと言われて納得しました。

ここまで悩んだのは、知り合いがファッションの専門学校に通ってWスクールをしていましたが、当時は男性が洋裁学校に通うことが不思議なくらいな状態でした。

ある時、大学の有名ファッションデザイナーの会社の就職案内を目にして、かなり興味を持ちました。当時は急成長の大人気の会社で、就職は各大学で1名しか合格しないと言われて就職が高倍率で難しいことそうでした。

そこで思いきってファッションの専門学校に行ってからにしようと考え、専門学校に行ったのですが、大学で就職しなかった人は、自分と海外に音楽のプロで修行に行った人の2名だけと言われました。そして1年でいいと考えたいましたが2年のコースで授業は洋裁中心の授業でした。3年目にデザイナー科があり3年目に入り、最終的には、4年目のデザインアート科まで行き就職する事になりました。

熊崎高道:簡単な経歴

ニューヨーク州立ファッション大学留学

ハナエモリのプレタ部門チーフデザイナーを経て、大手アパレル2社でファッッションデザイナーなど

経験して、独立アパレル会社とショップを開業して運営:数社のアパレルとデザイナー契約。

全国ファッションデザイナーコンテスト1位、国際羊毛事務局主催デザインコンテスト金賞受賞。

杉野服飾大学学長補佐・主任教授

大学のパソコンの授業を指導

HP作りで HTM、イラストレータフォトショップなどを指導

電子書籍:服飾のわかる事典など15冊発売:大学30以上で使われています。

    http://www.alrione.com/alrione2023/  電子書籍:はじめての制作と販売方法 http://www.alrione.com/world3022/  転職、起業はタイミングが重要 http://www.alrione.com/world5022/    ショップの設立と運営方法 http://www.alrione.com/world3023/   アパレルメーカーの設立と運営方法 http://www.alrione.com/world3024/   電子書籍:服飾がわかる事典など15冊 http://www.alrione.com/world3025/   独立の準備から会社設立までを解説 http://www.alrione.com/world3027/  アパレルファッションデザイン画 http://www.alrione.com/world3028/  就職に役立つ:

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。