ファッションデザイナーに必要なアパレルファッションデザイン画 :アパレルファッションデザイン画を大学で教えながら、アナログとデジタルを共有した指導をしてきました

アパレルファッションデザイン画とは

マジックか鉛筆で全体を書き上げます。洋服のパターン、縫製を知った上で描くアパレルファッションデザイン画は、企画、パタンナー、縫製、営業の人と働く場合にも、アパレルファッションデザイン画を見せれば誰でもどんなコレクションになるのかわかります。

ファッションデザイナーの服を見てを、アパレルファッションデザイン画を始める前に他の人のアパレルファッションデザイン画も見てください。他のファッションデザイナーがどのように布地と陰影を使って、デザインの動きと深みを出しているか比べて下さい。

パソコンでデジタルソフトを使って描く

デジタルツールを使えば、これまでになくアパレルファッションデザイン画が簡単に描けます。複数のレイヤー使い、1つはクロッキー用に、あとは服のデザイン用に使います。こうすることで、人体デッサンやデザインを消すことなく各レイヤーを編集でき、普通のアパレルファッションデザイン画より、もっと合理的な手順となります。

自分自身のスタイルがあるなら、デジタルでそのように描けるブラシを選ぶことができます。

自分は、アパレルファッションデザイン画を大学で教えながら、アナログとデジタルを

共有した指導をしてきました。

アパレルファッションデザインガは、アパレルでファッションデザイナーとして数年間

毎日、数百枚描いてアパレルファッションデザイン画を描いて、描き方を身につけました。ファッション専門学校は基本的な教育で、実践の場でパタンナー、縫製の人などと

アパレルブランドを運営していく事で、アパレルファッションデザイン画が上手く描けるようになります。転職で有名アパレル会社に入る場合は、アパレルファッションデザイン画が上手く描かれているかで決まるます。アパレルファッションデザイン画には、パターン、縫製の方法が一目でわかることが重要です。大手のアパレル会社には、ファッションデザイナーも数名いますから上手いかダメかはすぐわかります。

イラストレータの描くうまい画は、アパレルでは使えません。基本が違うのです。

まづは、アパレルブランドに入社してアパレルファッションデザイン画を学んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。